【大気拡散予測と気流予測】

Posted コメント数:0

飯山一郎さんのブログより
【大気拡散予測と気流予測】を貼り付けさせていただきます。すぐに見られます。

http://grnba.com/iiyama/html/kiryu_japan.html#anker1


ここのところ、大陸から、神風(西風)が吹いて、放射能は太平洋に流れていますが、時々風向きが変わります。放射能を含んだ寒い北風に備えて、日々チェックしておきましょう。

続きを読む

意外に低かった東京の放射線量 ?奇形植物の出たところはどうなっているのか?

Posted コメント数:0




3月15日の福島原発3号炉の爆発のときは、東京も、高い線量が観測されました。
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/report/mon_air_week_201112w.html
2011/03/15 10:00〜10:59 0.809 μSV/h
その後ドクダミや、アジサイの花や葉に奇形が現れているのを多数目にしてきました。

本当に悔しかったです。玄米菜食を中心にドクダミやヨモギなどの薬草茶やびわの葉療法などの日本の伝統的な民間療法を勧めてきた私にとっては、それが「すべて放射能汚染で、できなくなる」と考えると暗澹たる思いでした。
 
9月11日、ガイガーカウンターを購入したその日に、まっさきに、奇形植物の生えているところの地面の放射線量を測りに行きました。
奇形ドクダミ、奇形アジサイのはえているところは、やっぱり0.14〜0.15μSV/hと若干高めのでした。林試の森公園では、奇形のドクダミがはえていたところは、意外と低く0.11μSV/h位でした。

その後、台風がきて、雨が降って、一ヶ月ほどたってはかってみると、0.14〜0.15μSV/hだったところは、0.11〜0.14位に下がっていました。

3月15日にガイガーカウンターで、測っていないので、当時どうだったのか、この半年間にどのように推移してきたのかがわかりません。

奇形のアジサイは、開花の時期に、通常4枚花びら(本当はガク)が3まいだったり五枚だったり、葉が縮れていたのですが、花の時期が終って、短く切り込んだ枝の根本から生えてきた新しい葉が縮れたり変形したりしているのです。いたるところで見かけます。新しい葉が奇形ということは、遺伝子が破壊されたに違いありません。表面化していないけれど、幼い子供達に、あの3月15日の被曝がどう影響しているか、心配です。

それでも、奇形植物のところはもっと高い線量が出るかと思っていたので、意外と低い線量だと思いました。

続きを読む

意外に低い東京の放射線量 ?自分で測ってみました。

Posted コメント数:0



実は、先月、9月24日に、新宿区百人町にある「東京健康安全研究センター」に出向いて、
自分のガイガーカウンター「TERRA P +」で測ってみました。およそ地上150cmで0.12マイクロシーベルトでした。地表も、50cmも同様でした。(0.10〜0.14位の幅はありますが。)

公式発表では、当日0.0553マイクロシーベルト(地上18m)なので、その「誤差」が気になって、当局に問い合わせてみました。
「東京都では1000万円くらいする精密な機械で測っていますので、市販のガイガーカウンターで測った場合と誤差がでます。測る方式が違うので、どちらが正しいとはいえませんが、
どのくらいの誤差があるのかをつかんでいただいて、放射線量が高いのか、低いのか、安全かどうかの目安にしてください」とのことでした。

目黒本町、武蔵小山、西小山、洗足、大岡山、目黒、不動前、学芸大学などの駅周辺、公園、草むら、などを測っていますが、今のところ、0.12マイクロシーベルト/時の前後を推移しているようです。東京東部のようなホットスポットはいまのところみあたりません。

0.12μSV/hということは、年間(24時間×365=8760時間)で1051.2μSVとなり、およそ、1ミリSVちょっと、ということです。

内部被曝は別ですので、普通に生活しているだけで、年間1ミリシーベルトは高いか低いか?外国人が一斉に日本を脱出した当時懸念されていたほど、高い線量ではなかったようです。

それは、なぜか?おそらく「風向き」ではないだろうか? 半径何キロと定規ではかったように等しく同じ風は吹かない。今後どのように推移していくのか、注意深く見ていかなければいけないと思います。


続きを読む

意外に低い東京の放射線量 ?公式発表

Posted コメント数:0

意外に低い東京の放射線量!



http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_air.html

東京都健康安全研究センター
大気中の放射線量グラフ(新宿)H.23.3〜

健康安全研究センターで平常時に観測されていた測定値:1時間あたり0.028〜0.079マイクロシーベルトの間で推移しており、10月も0.054マイクロシーベルト前後である。3月11日以前の平均値は0.035マイクロシーベルト/時なので。0.02程度上昇している
ということです。

http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_air_data_1day.html
大気中の放射線量/1日単位の測定結果


http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/index.html
大気中の放射線量(最新)
モニタリングポスト(地上18m)による測定
10/10 (月) 19:00〜19:59
• 新宿区
• 0.0550
1時間あたりの放射線量(マイクログレイ)
※大気中の放射線量1グレイは1シーベルトに換算できます。

http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_air_data_1m.html
地表土から高さ1mでの測定結果

http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/radiation_measurement.html

様々な種類の放射線測定器で、健康安全研究センターの敷地内を測定してみました。

続きを読む

米とぎ汁乳酸菌で放射線量が下がっている!

Posted コメント数:0

恐るべし!米とぎ汁乳酸菌の除線効果!

光合成菌&乳酸菌のコラボで、放射能を除去する!は本当だった!





米とぎ汁乳酸菌を治療室にスプレーし、床もその乳酸菌でふき掃除して、1時間ほど外出して戻ってくると、なんと放射線量が屋外のおよそ半分0.06マイクロシーベルトまでさがっているのです。

この付近は、9月11日からずっと測っていますが、屋外では0.10〜0.14マイクロシーベルトの間です。風向きにもよりますが、一番多いのは、0.11〜0.12マイクロ
シーベルトです。

この付近、目黒本町1〜6丁目、武蔵小山、西小山、不動前、学芸大学、碑文谷、品川区小山台、小山、荏原、を犬の散歩をかねて、歩きながらはかってみました。

続きを読む

ガイガーカウンターを買いました!

Posted コメント数:0



福島の深刻な汚染状況には胸が痛むが、

東京はどのくらい放射能に汚染されているのか?

政府がいうように、「安全」なのか?

「住めないくらい」といって多くの在日外国人は日本を去ったが、東京で暮らすことしか選
べない私たちは、どうすればよいのか。

ともかく、ふくいち(福島第一原発)がメルトスルーし、燃え続けている以上、安心はできない。

せめて、自分ではかってみて、どのくらい危険なのか確かめたいと思って、購入しました。

写真は近所の草むら(品川区小山台公園)0.13マイクロシーベルト

続きを読む

チェルノブイリで放射能を食べる菌が!

Posted コメント数:0

チェルノブイリで放射線を食べる菌が見つかる
記事公開日:2008/03/03 11:14 | 最終更新日:2011/03/20 08:11

http://digimaga.net/2008/03/fungus_eats_radiation より引用




 史上最悪の原子力発電所事故を起こしたチェルノブイリで凄いものが見つかった。なんと有害な放射線を食べて成長する菌が生まれていた。彼らは生き残るために、放射線を食べることを選んだのだ。

 その菌はチェルノブイリ原子炉の壁に育っているのを、ロボットによって回収された。チェルノブイリはいまだに汚染から回復しておらず、人が入り込めるような環境ではないのだ。

 回収された菌は豊富にメラニン色素を含んでおり、その表面を紫外線から守っていた。それはどの菌においても同じだった。

 科学者は3種類の菌である実験を行った。通常、植物は葉緑素によって光エネルギーを吸収して成長する。実験では回収した菌に日光の代わりに、有害な放射線を与えた。すると菌たちは驚くことにこれらを吸収し、成長していった。

 人間にとって放射線は有害なものだが、菌たちにとっては無害どころか有効なものとなっていたのだ。普通では考えられないことだ。

 この発見は宇宙技術の前進に大いに役立つことになるだろう。宇宙は有害な放射線で溢れているため、メカニズムさえ解明できれば菌を無尽蔵の食料として食べることができ、そして他の惑星に移住する際にも頼ることができる。

 チェルノブイリ原子力発電所事故は人類にとって深刻な被害をもたらしたが、有益な一面も見つけることができた。
[ FOXNews.com ]

3月にチェルノブイリ関連の記事を調べていた時に、この記事が目に留まったが、その時は、半信半疑でした。なにしろ、記事元がFOXNEWSだし..。
3.11から半年、放射能とはなにか、なぜ被曝するのか、症状は?対策は?と、未知の災難に対して、どうすればよいのかを追求してきました。

その結果、放射能をエネルギーとして生きる「菌」類が、放射能を無害化し、他の動植物が生きていくための大切な働きをしていることがわかってきました。

それは、ケルブランの生体内元素転換から常温核融合までつながる最先端の化学理論でした。詳しくは、後日。

続きを読む

放射能除染 原子転換!

Posted コメント数:0

「光合成菌は放射性セシウムを無害化する!」
って本当でしょうか?

放射性セシウム137から無害なバリウム137への原子転換!

米とぎ汁乳酸菌&光合成菌が放射能を無害にする」ということが「本当かどうか?」ご一緒に考えてみませんか? 
 政府もテレビも学校も教えてはくれません。
ならば、自分の力で、情報をキャッチし、吟味していくしかありません。
ちょっと難しそうですが、根気良くよんでいくと、なるほど!思いましたので、ご紹介です。

http://www.minusionwater.com/cesium.htm さんより引用

放射性セシウムの無害化

2011.08.04

福島原発から「放射性セシウム」55Cs137が東北と関東の大地に放出されています。

たとえばそれが稲わらに付着し、それを食べた牛の肉がセシウムで汚染されました。

別の話ですが、なぜ牛に稲わらを食べさせるかというと、稲わらに固有の乳酸菌が牛の肉をやわらかくしてくれるのだそうです。稲わらも米ですから、米固有の乳酸菌にはいろいろな力があるということです。

そのセシウムの放射能が、バクテリアによって無害化されるという話があります。

セシウムの放射崩壊

まず、ウランが分裂して半分くらいの大きさのセシウムが出来ます。
これは自然界にはほとんど存在しないもので、原発や原爆のウランから作られます。

セシウムは陽子が55個中性子が82個、合計137個の核子(陽子と中性子の総称)から出来ています。それを55Cs137と書き表します。




電子はマイナスの電気を帯びています。
陽子は電子1個分に相当する量の、プラスの電気を持っています。
中性子は電気的に中性(ゼロ)です。

中性子は陽子1個と電子1個からできているようです
(上図)。


この式で電子を左辺に移項すると、中性子−電子=陽子 となります。
つまり中性子から電子1個が放出されると、その中性子はプラスの電荷を持つ陽子になります。

原子核の中の中性子から電子が放出される崩壊の仕方をベータ崩壊と言います。

放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線の3つがあり、
アルファ線は原子核の破片(アルファ粒子)が飛んでくること、
ベータ線は電子が飛んでくること、
ガンマ線は強い光が飛んでくることです。

セシウム 55Cs137 はベータ崩壊します。




原子核の中の中性子から電子が1個放出されて、その中性子は陽子に変わります。

すると陽子が1個増えて56個になり、中性子は1個減って81個になります。

陽子の数(原子番号と言います)が原子を決めています。
陽子が56個という原子は、もうセシウムではありません。
陽子が56個の原子はバリウムと言います。


セシウムはベータ崩壊して、いったんバリウムの準純安定状態になり、それからすぐにガンマ線を放出して安定状態のバリウムになります。(上図)



セシウムが体内に入ると、ベータ崩壊して電子が飛び出し、それが細胞を傷つけます。さらにガンマ線を出し、それも細胞を傷つけます。崩壊し終わって安定的なバリウムになると、それ以上の悪さをしませんから、無害になります。

原子核の崩壊は確率的に起こり、100個のセシウムのうち50個が崩壊してバリウムになるのに約30年かかります。これを半減期といいます。セシウムの半減期は約30年で、大地にあっても体内に入っても、半減するのに30年かかります。


飯山一郎氏の新説


さて、乳酸菌運動を起こした飯山一郎氏が、興味深いことを語っています。http://grnba.com/iiyama/#ws1031


◆2011/07/15(菌) 光合成細菌はセシウムを無害化する!


光合成細菌.この菌は,人間の体細胞が細胞内で酸素(オーツー)を活性酸素(オースリー)にするように,電子を操作する能力があるという.

「電子を操作するというより,「電子銃」を持っているといったほうがいい!」と言ったのは,分子生物学を専攻する某製薬会社のW研究員だ.

彼の学説は,頭の硬い,または古い学問分野を信じている人間から見れば,「トンデモ学説」なのだが,製薬会社の研究室で実証しているので,真実だと信じる以外ない.きょうは思い切って彼の「トンデモ学説」を話してしまおう.

光合成細菌.この菌は高効率スクリューで放射性物質のところに泳いで行って,放射性物質,たとえばセシウム137の原子1個を細胞内に取り込む….

これはなぜか?

セシウム137が出す放射線という核エネルギーを利用するためである.

ところがセシウム137は,簡単には放射線は出さない.セシウム137の半減期は30年だが,これはセシウム原子の半分が放射線を発射して原子崩壊し,バリウム137になるのに30年もかかるということだ.

そこで光合成細菌はセシウム137に「電子誘導銃」を発射する.これは,セシウム137に放射線を出させるためである.実際,光合成細菌の体内に取り込まれたセシウムは,「電子銃」打ち込まれると,ついつい,うかうかと放射線を発射してしまう….こうして光合成細菌は,セシウム137の核エネルギーを受領するのである.

一方,セシウム137は光合成細菌に放射線という核エネルギーを与えた瞬間,原子崩壊してバリウムに変身し放射線を出さない物質になる.
これを放射性物質の無害化というか? 生物学的原子転換,というか?
ともかく,光合成細菌は放射性物質をエネルギー源として利用してきた….

「飯山さんは,光合成細菌が放射性物質を無害化する! と言い切れる?」とW研究員は真剣な顔で私に訊く.「ま,そんなことブログなどで書いたら,俺たちをバカにするバカがいるからなぁ」と私は態度をにごしてきたのだが…,
きょうは,なんか,ついつい,シャベってしまったようだ….

なんと、光合成菌はセシウムの原子核に電子銃を撃ち込んで、ベータ崩壊をうながすことができるということです。


私は学生の時、原子核の崩壊定数は変化するか?というテーマで実験をしていました。その結果、電場や磁場や圧力や重力をかけることで、原子核の崩壊スピードはごく微小ですが変化する、という実験結果となりました。しかしそれによる半減期の変化などは微々たるもので、何かの役に立つような話ではまったくありませんでした。

飯山氏はバクテリアがそれをやってくれると言うのです。

そんなことができるのかなぁと思いましたが、あるとすれば、セシウムの崩壊が電子を放出するベータ崩壊であることが、生物が関与できるポイントかも知れません。電子のやりとりは生命活動の範囲内だからです。

そう思っているところに、福島から興味深いニュースが伝わってきました。

福島民報http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9873865&newsMode=article

バクテリアの除染に効果 飯舘の水田、線量が大幅低下


南相馬市、飯舘村で微生物を活用した除染実験に取り組んでいる田崎和江金沢大名誉教授(67)は2日、放射性物質を取り込む糸状菌のバクテリアを発見した同村長泥の水田の放射線量が大幅に下がったと発表した。南相馬市役所を訪問し、桜井勝延市長に報告した。

水田の表面は毎時30マイクロシーベルトの高い放射線量だったが、7月28日には1桁台に下がっていた。水田では無害のバリウムが確認されており、田崎名誉教授はバクテリアの代謝によって放射性セシウムがバリウムに変わったとみている。
金沢大低レベル放射能実験施設で水田の土1キロ当たり447ミリグラムのバリウムを検出した。バリウムは通常、土壌からは検出されないという。今後の除染実験に使用するため、バクテリアの培養も行っている。

同村長泥の放射線量が高い湿地で根を伸ばしたチガヤも確認した。根にはカビ類が大量に付着、除染効果との関係を調べる予定。

南相馬市原町区の水田では、バクテリアと、粘土のカオリナイト、ケイ藻土の粉末を使って稲を栽培、除染効果を確認している。

報告には、実験に協力している同市の庄司建設工業の庄司岳洋副社長、庄建技術の佐藤直営業部長、高橋正則技師長が同席した。
成果は学会誌「地球科学」に発表する。

(2011/08/03 09:42)

ここで言われている糸状菌と、飯山氏が言う光合成菌は、類似のものなのでしょう。


ところで、このところ大雨が続きました。

雨が降って川にあふれる「濁流」のあの茶色い色は土の粒の色です。
日本はしょっちゅう雨が降って大地を洗い流してくれます。福島も洗われました。
広島や長崎で回復が意外に早かったのは雨がたくさん降ったからだと思われます。

そして水があればバクテリアが活躍します。

あちこちでバクテリアによる放射能除去が研究され始めたようです。

乳酸菌運動を頭ごなしに否定する人は、もう少し勉強したほうがいいようです。

(引用おわり)

続きを読む

放射能から身を守る食事法

Posted コメント数:0



福島県郡山市の婦人科・心療内科の「富永國比古」先生が緊急出版!
とても、参考になりましたので、ご紹介です。


目次のご案内

第一章
  ●いま、わたしたちが知っておかねばならないこと
  放射性物質はなぜ恐いのか、
  人体にどう影響するのか?

第二章
  ●奇跡の医師が私たちに残してくれた教え
  長崎の原爆被害から
  住民を守った医師の食療法

    ・・・
  原爆症が一人も出ない奇跡の食事
  「秋月式栄養療法」の功績とは
  「秋月式栄養療法」の症例  被爆60年目の証言

第三章
  ●どんなものを食べ、なにを心がけるべきか
  穀菜果食で身を守る。
  あなたには、この方法

第四章
  ●この食事は、まさにあなたの“生命線”です
  放射性物質を解毒し、
  からだから取り除くしくみ

第五章
  ●それでも心配なときには、どうするか
  食品汚染の不安から
  あなたをすくうサプリメント

第六章
  ●たとえば「温泉の放射線」は心配ないのか
  低量の放射線は体にいい
  という考え方


  低線量の被曝、そのリスクは?
  「ホルミシス効果」とは、いったい何か?
  私たちは毎日、すこしずつひばくしている
  やはり少量でも放射線は有害なのか?
  ・・・・
  ・・・・

続きを読む

是非、聞いて欲しい!児玉龍彦先生の命がけの叫び!

Posted コメント数:0



七万人の人が自宅を離れて彷徨っているときに国会は一体何をやっているのですか!! 児玉龍彦


勇気ある発言と迫力に感動しました。

さてはてメモ帳さんより  http://satehate.exblog.jp/16661297/ 引用しました。

が、速効で、削除されてしまったので、つながっているこころ2さんで同じ内容のものをアップされていたので、再度アップします。



以下、
つながっているこころ2 http://cocorofeel.blog119.fc2.com/ さんより引用。

国会で歴史に残る名スピーチをされた児玉龍彦さん。
多くの方にみていただきたいのでyoutubeを再掲します。
この真摯さ、迫力は文字では絶対伝わりません。

H23.7.27 衆院厚労委員会 児玉龍彦参考人 3.21の雨

100万以上のフォローの孫さんがツイッターで紹介してくれたら
いいのにと思って覗いてみたら無し。

児玉龍彦さんも松本龍さんと同じ龍ですね。
児玉さんの息子さんのツイッターをみると想像通りの純粋な児玉さん
そしてご家族の様子が伝わってきて熱いものがこみあげてきます。
毎週末、南相馬市に行かれるのは身体的にも大変だと想像されます。
まさしく身を削るハタラキですね。



Akihiko Kodama
https://twitter.com/#!/a_kodama

@baboo0619 ありがとうございます。実はうちの母は聴覚障害児教育を仕事にしており、昨年大病をしたのですが今度仕事に復帰します。

親父からはいつも、勇気ということを教えられてきた。親父の立場で、公開の場でああしたことをいうのは、どれだけの勇気がいったことだろう。まずはそれをねぎらってあげたい。

親父のスピーチを見ていただいた方に、一つだけお願いさせてください。父は影響力のある科学者ですが、同時に病気の妻を抱えた58歳のただの男です。一人ですべてを解決できるわけではありません。本当に状況が良くなるために、一人一人ができることがあると思います。

ちょうど一年前に父から肝臓移植をした母は、おかげさまでかなり体調が回復し、今度仕事にでることになりました。あの時もいろいろな方に激励をいただきました。この一年間本当にいろいろなことがありますが、家族一同支え合ってなんとかやっています。

父のスピーチを通して、どうか学者にも社会のため、人のために真摯に仕事をしている人間がいると伝わればと思っています。利権やポジションにとらわれた人間の多さに嫌気がさすこともあると思いますが、物事をよくするために行動することをどうかあきらめないでください。

ありがとうございます。父は医学者として、常に真摯な人間です。訴えが多くの人に届くよう願っています。



http://twitter.com/#!/katukawa
katukawa 勝川 俊雄 「【国会審議】放射線の健康への影響。児玉龍彦(参考人 京大学アイソトープ総合センター長)の部分は必見です。尿中6Bq/kgで膀胱炎が頻発するというのは初めて知った。子供の問題と保障の問題を分けて考えろ、という指摘はその通り。 http://bit.ly/pzqAKg」

膀胱炎の頻発。

Vol.41 “チェルノブイリ膀胱炎”―長期のセシウム137低線量被曝の危険性 pdf(児玉龍彦)

Vol.28 チェルノブイリ原発事故から 甲状腺癌の発症を学ぶ ―エビデンス探索 20 年の歴史を辿る pdf(児玉龍彦)

各都道府県等における水産物放射性物質調査結果(時系列版)(水産庁)
*ほとんど全滅に近いですね。

北海道における水産物の放射性物質モニタリングなどの結果

*サケ、マス、サンマはセシウム検出。
私はサケとサンマが好きなんですが
サケは海外だからいいけれどサンマは諦めよう。

https://twitter.com/#!/usakawai/status/96766802545225729

「埼玉県川口市に住むうちの10歳の娘の尿からもセシウムが検出されました。震災以降、飲食物、雨にかなり気をつけていて、マスクはGW明けまでしていました。」
*ご両親はショックでしょうね。

海も川も湖も汚染されそこに住む魚も汚染されてしまいましたね。

続きを読む

やっぱり、そうだった!みそとガンと放射能

Posted コメント数:0

チェルノブイリ原発事故のとき、日本の「みそ」が飛ぶように売れたという話をよんだことがあります。改めて、「みそ」について調べてみました。

http://www.ibarakiken.or.jp/miso/tisiki/gaku-3.html より

【引用開始】

動物実験でわかったみそのがん予防効果
〜みその肝臓がん抑制作用を解明〜


発がんのメカニズムに食品が大きく関与していることは、多くの研究によって示され
てきました。みそのがん抑制効果については、
1981年、平山雄博士(当時国立がんセンター研究所の疫学部長)
によって胃がんの発生抑制効果が明らかにされました
が、
実験腫瘍に対する、みその腫瘍抑制作用についての研究はこれまでのところなされていませんでした。
いつの間にか「塩=高血圧」という図式が定着していますが、最近の研究によると、
一律的な「減塩」が疑問視され始めています。それは食塩感受性の研究から
明らかになってきたものです。


++広島大学 原爆放射能医学研究所・癌部門教授 伊藤明弘先生のお話++

1. 放射線で誘発される肝臓がんが、みそで減少。

 放射線(中性子線)で誘発される肝臓がんに対し、みそが抑制効果を持つかどうかを調べることを目的に、
マウスを使って実験を行った結果、みその成分中には肝臓がんの発現を抑制する何らかの作用があることがわ
かりました。

 実験はマウスを4つのグループに分け、おのおの以下の処置を施しました。

  グループ1:普通の餌で飼育
  グループ2:みそ餌で飼育
  グループ3:普通の餌で飼育後、放射線を照射
  グループ4:みそ餌で飼育後、放射線を照射

 この結果、グループ3のマウスがもっとも肝臓がんの発現率が高く、ついで、グループ4、グループ1、
グループ2という順番の結果がでました。普通の餌で飼育したグループより、味噌で飼育したグループの方
が十分低い発現率を示したのです。


2. 自然に発生する肝臓がんについても、みそが効果的

 自然に(遺伝的に)肝臓がんを発生しやすいマウスを3つのグループに分け、みそ餌、しょうゆ餌、普通
の餌で育てたところ、みそ餌グループとしょうゆ餌グループのマウスは普通餌グループのマウスよりも十分
に腫瘍が少ないことがわかりました。このことから、[color=#F00]みそを常食することで、肝臓がんの発生を抑制するこ
とがわかったのです。[/color]



3. みその成分が、放射能のヨウ素とセシウムを排泄


さらに、別の実験で興味深い事実が確かめられました。
チェルノブイリの原発事故で全世界を汚染したのと同じ、アイソトープ(放射性同位元素)のヨウ素131とセシウム134をマウスに投与し、体内からの排泄実験を行ったものです。

 その結果、あらかじめみそ餌を与えておいたマウスでは、通常の餌を食べているマウスに比べ、ヨウ素の
排泄が多く見られました。また、セシウムについても、みそ投与群の方が、筋肉内のアイソトープ量が減少
していました。放射線照射の結果と同様、別の角度からもみその放射線防御作用が確かめられたわけです。


4. みその生理効果は、発酵食品によるところが大きい
 さて、みその成分がどのように働いて、放射線防御作用を起こすのか、ということですが、これははっき
りは判明していませんが、実験の結果からいくつかのことを窺い知ることができます。
 1つはみその成分により、体の代謝活性が良くなるということ。またひとつはみその成分中には、血液中
の放射性物質などと物理結合する物質があり、それが、放射性物質を排泄するのだろうということです。

 こうしたみその生理作用は、主としてみその成分中でも大豆成分にあると思われますが、単に大豆成分だ
けでなく、みそが発酵食品であることも大きく関係していると思われます。
それは同じく大豆を主原料とし、
麹菌で発酵させて作るしょうゆにも同様の効果が認められたからです。発酵の際に造られる酵素は、強い解
毒作用を持ちますから、これらもみそやしょうゆの放射性物質除去作用の要因
になっていると考えられるの
です。
 また別の研究によると、みその成分には免疫細胞を賦活(活性化)させる非常に強い力がある、というこ
とが報告されています。
こうしたいくつもの要素が絡み合って、みその生理効果が生まれてくるのだと考え
てよいでしょう。

【引用終わり】

続きを読む

自分で自分を守る放射能対処法!!?

Posted コメント数:0

飄(つむじ風)さんよりの引用です。

玄米・菜食の奨め!!
『一日玄米4合と味噌と少しの野菜を食べ・・・・』
とは、宮沢賢治の『アメニモマケズ』の詩だが...
量は兎も角、完全食であることは間違いがない!!


 過日、飯山一郎さんもその事を提唱していらっしゃる。全く、至言、同感である。
以下、転載させて頂く。


以下、ご覧下さい。

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/week23/

2011-06-11

自分で自分を守る放射能対処法!!?

続きを読む

自分で自分を守る放射能対処法!! ?

Posted コメント数:0

飄(つむじ風)さんよりの引用です。

以下、ご覧下さい。

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/week23/

2011-06-11

自分で自分を守る放射能対処法!!?

乳酸菌&青汁と、玄米、塩、味噌を中心とした「和食」のおすすめです。

続きを読む

自分で自分を守る放射能対処法!!?

Posted コメント数:0

飄(つむじ風)さんよりの引用です。

飯山一郎さんの、米とぎ汁乳酸菌のお勧めです。

何と言っても、飯山一郎さんの
光合成菌(乳酸菌)による
放射能(物質)を身体から除去する方法が、
現実的だろう・・・・・。
又、生体内元素転換を活用する可能性がある!!



コメント氏から、その実践編を投稿頂いた。ご参考に供したい。


以下のページをご覧下さい。

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/05/post_d1c5.html

2011-05-27 自分で自分を守る放射能対処法!! ?




続きを読む

米とぎ汁乳酸菌で放射能から身を守ろう!

Posted コメント数:0

米とぎ汁乳酸菌、私もやってみました!





米とぎ汁乳酸菌の超能力!

飯山一郎さんのサイトより
http://grnba.com/iiyama/

【転載開始】
2011/05/17(火) 米とぎ汁乳酸菌の超能力!ネット界は「米のとぎ汁乳酸菌ブーム」といった様相である.
米とぎ汁乳酸菌を毎日「自作自飲」している人間が,1万人を超えたらしい.
放射性物質が舞い飛び,舞い散る街を歩き,肺に吸い込んだ放射能を排出する
方法は,いまのところ,乳酸菌の霧を吸い込んでから痰で出す方法しかない.
被爆を自覚した人たちが,この方法に希望を見出すのは当然なのである.
裏話をするが…,
米のとぎ汁をペットボトルに入れて1週間放置,発酵したら霧に吹いて吸い込め!
これは一般常識で言えば,野蛮で危険なことである.
菌を吸えなどと人様にすすめることなど絶対にしてはいけない!
菌を吸えなどと言われても絶対に吸ってはいけない!
では,なぜ? どうして飯山一郎は「菌を肺に吸い込め!」などと言ったのか?
理由は,米のとぎ汁乳酸菌のスーパーパワー(SP)である.
このSPについては 『乳酸菌爆発 (4)』 にも書いたので熟読してほしい.

もうひとつ言うと,米とぎ汁乳酸菌は,大腸菌など病原菌を徹底的に食いまくる.
サルモネラも,ポツリヌスも,MRSAも,VREも,破傷風菌も,徹底的に食いまくる.

つまり,米とぎ汁乳酸菌は「常識人」の想像を絶する超能力を持っているのだ.
したがって米とぎ汁は,1万人が飲もうが,10万人が吸おうが,安心で安全! と
いうことなのだ.

だから自信をもって,毎日出る米のとぎ汁,強力に発酵させて欲しい!>みんな
【転載終了】

続きを読む

朗報!なんと米のとぎ汁が放射能対策に!ホンマカイナ?

Posted コメント数:0

放射能対策はあるはずだ![/b]と求めの求めて3ヶ月。

日本人が主食としてきた、お米についている乳酸菌や光合成菌などの発酵菌が放射能を無害にしてくれるという。
誰でも簡単につくれるらしい。本当だとしたら、なんというラッキーな事でしょう!
本当かどうか、最初は、「ホンマカイナ?」と半信半疑。良く調べてみて、実際に試してみて、納得がいったので、みなさんにお勧めします。



飯山一郎さんのHPに次のように書かれていました。転載します。

【転載はじめ】

http://grnba.com/iiyama/more22.html#ws05062

[b]◆2011/04/22(金) デマか? 煽りか? 真実か?
@iiyama16
飯山一郎

いま出来ることは,米の一番とぎ汁をペットボトルに口切り詰めて,室内常温で1週間寝かせると乳酸菌など発酵菌が増えて,酸っぱい水になる.(臭かったら失敗.酸っぱいは成功)この酸っぱい水を噴霧器で霧にして吸い込む.翌日,肺臓から放射性物質が痰=タンとなって出てくるからやってみな.



4日ほど前,私は上記のようなツイートを発信した.
大きな反響があった.

「米の一番とぎ汁」の具体的な作り方について,質問が殺到した.

私は,いちいち丁寧に応対し,教えた.

私の予想通り…,
乳酸菌を身近な素材から採取し培養することを勉強する仲間が増えた.
この仲間が,じつは,菅討軍(仮称)の兵士になる.

光合成細菌や乳酸菌をキチンと培養できることが,わが兵士の最低条件だからだ.
ところがミクシィでは…,
「デマだ!」とか,「肺に吸い込むなんて危険だ!」と騒ぎになっているらしい.

この騒ぎの余波は,私のところには一切こない.
問い合わせがきたら,懇切丁寧に説明してあげるのに….
それから,最近,私はツイッターでの発信が多くなっています.
ツイッターのIDは,iiyama16です.
どうぞ,フォロワーになってみてください.


◆2011/04/22(金) 免疫力:放射能を浄化する! (3)

原子力安全委員会の小原課長が,放射能放出は100兆ベクレル/日と証言した.
おそろしい数字だ.

日本は大変な放射能地獄だったのだ.
我々は,放射能地獄に放り込まれてしまっていたのだ.

情報を徹底的に隠し,勝手に基準値を引き上げ,危険なのに心配するな大丈夫!
狂気の沙汰だ.
菅直人の政権は,国民抹殺テロ政権だ.
いま我々は…,
殺人政権から我が身を守る! 放射能から我が身を守る!
とんでもない悪夢のような非常事態におかれている.
どうしたらいいのか?
先ず,放射能から身を守ることだ.

問題は,どんなに厳重にマスクをしても,放射性物質を吸い込んでしまうこと.
これまでに放射性物質の超微粒子(1万分の1ミリ)は日本中に飛んでいる.

3月14日の3号機の大爆発では,プルトニウムの超微粒子も大量に飛んだ.

日本人は一人残らず放射性の微細なチリを肺臓に吸い込んでしまっている.
これで日本人のガン発症率は格段に高まってしまっている.

とくに東北・関東の住民の死亡原因は,ガンが断突トップになるはずだ.

だから今後,我々は,自分の健康のことだけを考えて生きていったほうがいい.
自分と家族と親友のために,食料や飲用水を堂々と買い占める! これでいい.
食料や飲用水が身のまわりに沢山あれば安心できる.

安心すれば,ストレスが減少する.ストレスが減れば,免疫力が高まる.
免疫力とは,元気で丈夫な白血球のことだ.

とくにマクロファージと呼ばれる白血球が元気なら,ガンにはならない.
なぜなら,マクロファージは,ガン細胞が大好物.ドンドン食べる!

マクロファージは,日本語で「大食細胞」とか「呑食細胞」という.
これは,ガン細胞などの「異物」を,まるごと食べてしまう細胞のことだ.

ようするに,我々の身体のなかの「異物」をバリバリ食べて,掃除をしてくれるワケ.

「異物」とは,ガン細胞・病原菌・ウイルス・放射性物質・発癌物質・老廃物等々だ
.マクロファージは,肺のなかに飛び込んだ放射性物質も食べてくれる.
しかし,マクロファージという人間の白血球は,放射能にはかなり弱い.

そこで乳酸菌の登場だ.
乳酸菌は,放射能にはかなり強い!
しかも,放射性物質をバリバリ食べる.


じつは…,
乳酸菌もマクロファージなのだ!
だから,放射性物質をバリバリ食べる.
放射性物質を食べたあと,乳酸菌は,痰(タン)となって肺のそとへ出てゆく….
これって「めでたしめでたし」 ではないかな?!

【転載終了】[/size]

続きを読む

トップへ戻る