ユダヤ人に乗っ取られた国・パレスチナ・現在のイスラエル

Posted コメント数:0

ユダヤ人に乗っ取られた国・パレスチナ・現在のイスラエル



ユダヤ人の入植地域が拡大していった。



イスラエル建国は1948年、それ以前はイスラエルと言う国はありませんでした。

もともと、パレスチナはアラブ人が暮らしていたところを、「ユダヤ」人が武力で乗っ取った国が「イスラエルです。このことを踏まえないと、中東で起こっている事が理解できません。世界の情勢も意味が解りません。共に、学習していきましょう。

19世紀末パレスチナの住民は50万人、大多数はイスラム教徒だった。その中にユダヤ人、キリスト教徒、アルメニア人などが共生していた。
かつてこの地を統治していたオスマントルコは、宗教に対して寛容であった。あらゆる宗教が認められ、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地が集まるエルサレムの地には、様々な姿の人達が暮らしていた。

移民に乗っ取られたパレスチナの歴史 NAVERまとめ様より

この地図は1930年以降のパレスチナにおけるユダヤ人の土地とパレスチナ人の土地の変化を示している。今や、ガザ地区など一部地域に閉じ込められて生活しているパレスチナ人の苦しみは、どのように始まったのだろうか?

必見です。

10分でわかるパレスチナとイスラエルの歴史



【高橋和夫 解説】イスラエルとパレスチナ! 争いの根源。

2014/07/24 に公開
放送大学教授の高橋和夫(たかはし・かずお)さんの解説でパレスチナにイスラエルが建­国された経緯から2014年7月の現在まで。



高橋和夫 パレスチナ・イスラエル問題はこうして始まった

014/07/23 に公開
放送大学教授の高橋和夫さんが、多数の死傷者を出しているイスラエルによるガザ地区へ¬の軍事侵攻がなぜ行われているのか、を理解するのに必要なパレスチナ問題のそもそもの¬始まりを、アラビアのロレンスの時代からわかりやすく解説しています

続きを読む

トップへ戻る