天才!志村どうぶつ園 「牛乳は飲んではいけない」

Posted コメント数:0

天才!志村どうぶつ園 「牛乳は飲んではいけない」



食べ物のこと、一緒に考えてみませんか?

このビデオ、怖いです。でも知らないともっと怖いです。これが、現実だから。


寒くなってきましたね。「冷えは万病の元!」冬に向かって、「血液サラサラ!、体ぽかぽか!」 元気で過ごしたいものですね!

「冷え性には○○が効く!」「ダイエットには○○が効く!」と、いろいろ試しても、なかなか、そう簡単には、いかないものです。

ビデオのような「不自然な食べ物が、血液を汚し、体を冷やしている」のです。

とくに、動物性の食べ物は、消化に手間取り、内臓に負担をかけるので、腸や、肝臓、腎臓に働きがにぶって、老廃物を出しにくくなるのです。

善玉菌は、日本の伝統食である和食を好みますが、悪玉菌は動物性タンパクを非常に好みます。腸の中で、悪玉菌が大喜びで増殖し、善玉菌が劣勢になっていまいます。

動物性タンパクを摂ると、悪玉菌がインドール、スカトール、アンモニア、アミンなどといった猛毒物質を作り出し、 腸内環境が劣悪になり、猛毒成分が血流と一緒に身体中に巡り回るのです。ドロドロ血の原因になります。

さらに、、動物性の食べ物が店頭に陳列されるまでに加えられた、様々な化学物質が、
私たちの血液をさらに汚します

血液がドロドロになり、心臓を出発した血液は足先までゆっくり流れるので、しっかり冷やされてもどってきます。冷えた血液が循環して、冷え性、低体温になるのです。

「デトックス」という言葉がはやり、さまざまな「サプリメント」も沢山あふれています。
整体、マッサージ、エステ、岩盤浴、健康産業も沢山できて、健康にお金をかける
時代になってしまいましたが、

たくさんお金をかけずに、冷え性を改善する近道は、まずは、
「動物性の食品をとらない」こと、「不自然な食べ物をとらないこと」ではないでしょうか?

整体で体のバランスを整えることで、たしかに血行はよくするお手伝いはできますが、残念ながら、それだけで「冷え性」を根本から改善することはできません。

なので、本日は冷えを根本から改善する「情報」を提供させていただきました。

続きを読む

トップへ戻る