「国民を戦争に引きずり込むのは実に簡単なことだ!」とナチス高官ゲーリングは言いました。

2017-03-06 16:26:240 Comments

ヘルマン・ゲーリングの言葉

 元ナチス高官・ゲーリング曰く

 「国民は戦争を望まない。

 しかし決めるのは指導者で、国民を戦争に引きずり込むのは実に簡単なことだ。

 外国に攻撃されつつあると言えばよい。

 それでも戦争に反対する者を、愛国心がないと批判すればいいい」


まさに、安倍政権が引き起こした森友学園問題の核心部分ではないでしょうか。



幼児の時から「中国が攻めてくる」という世界観で、天皇の赤子として国を守るために命を懸けて戦うことを教育するとは、まさに「戦争ができる国つくり」の思想的根幹なのです。籠池理事長も、「皆さんは天皇陛下の赤子なのです。よい人も悪い人も赤子ですが、皆さんのお子さんは選ばれた赤子なのです。」とあいさつしていましたね。

おそろしいことです。

詳しくはこちらをご参考に。

http://blogos.com/article/92539/

トップへ戻る